カテゴリー別アーカイブ: 地方別

日高峠から赤岩青巖峡へ

夕張から日高町を経て十勝清水に至る道は、樹海ロードと呼ばれる山道です。主に鵡川と沙流川の上流域をつなぎながら進み、特に穂別の稲里から日高町までの鵡川の上流部では、尾根を越えながら支流を渡って道がつけられているので、下った […]

丁未峠

丁未峠は、かつての炭鉱地帯だった夕張本町地区と万字炭山地区を直接結ぶ山道です。以前万字の老人に聞いた話では、炭坑全盛時代、夕張の祭りの夜には、万字から大勢の若い衆が山道を越えて遊びに行ったものだ、こと。歩いてみれば分かり […]

天馬街道をゆく

天馬街道は浦河町の幌別地区から日高山脈の南に位置する野塚岳付近を越えて豊似に至る60km程の峠道です。かつて日高横断道路という、中部日高の盟主カムイエクウチカウシ岳の腹を抜くとんでもない道路が計画されたことがありますが、 […]

道々32号を駆け抜ける

北海道が管理する道は数ありますが、中には通り抜けるのが冒険になるようなすさまじい道もあるようです。代表格は136号夕張新得線でしょうか。何しろ夕張〜ニニウ間は途中から踏み分け道になる始末ですし、当然ながら新得側には未開通 […]

樺立トンネルを越えて

新しい道、といっても出来てからもう10年近く経ちますが、赤井川の都地区から山を越えて直接俱知安に至る道があります。私は休みの日に轟の鉱山跡を探索しに行った時に、工事中だったこの道を歩いた思い出があります。開通して暫くは知 […]

望来の裏庭を走る

望来から厚田にかけて走るときには、素直に国道を走るか、車の喧噪を避けて望来から海側の山を越えて嶺泊まで越え、ここから国道を走る、というのが一般的です。(といってもこの海側の巻き道も近年は景色目当てのドライブの人が多くて静 […]